資格を生かして働くには?

資格を生かして働くには?

食用オイル資格を取ることで、食用オイルに関するノウハウやスキルが一定以上ある事が証明されます

そのため、この資格を活かしてオイルに関連した働き方を探したり、現在の職業のスキルアップに活かすこともできます。

具体的にどんな活かし方ができるかご紹介します。

食用オイルを活かして働く方法1:講師活動を行う

食用オイル資格は様々ありますが、資格のための学習でオイルの種類や成分や分類、また特徴についてしっかり学ぶことによって他の人にオイルのイロハについて教えられるようになります。

自宅やカルチャースクールで講師活動が可能なため、料理好きの人であれば副業のように始めることもできるでしょう。ブログやネット動画に食用オイルをテーマにした投稿をしたりすることで、知名度を上げていくのも良いでしょう。

料理は常に需要があるテーマですし、最近の健康を意識した食生活の流れもあるので、オイル講座に関心を示す人は少なくないはずです。

食用オイルを活かして働く方法2:外食産業や食品会社で活かす

食用オイルはほぼどんな外食産業でも用いられるものです。もし現在カフェやレストランで働いていたり、食品会社に勤めているというのであれば、オイルの魅力についてどんどん発信していくのも面白いでしょう。

オイルの事を正しく理解していない人はまだまだたくさんいます。オイル=油=不健康というイメージもあります。しかし、オイルの正しい知識を広めつつその健康や美容メリットについて宣伝しつつ料理を提供することによって、オイルへの興味を引き出せるでしょう。

オリーブオイルやココナッツオイルなど、健康に良いイメージがあるものから始めて、オイルのバリエーションの多さや特徴を少しずつ認知してもらうようにすることで、差別化を図ることにもなります。

食用オイルを活かして働く方法3:食用オイルの店を開く

食用オイルの専門店など、オイルに特化した店で独立開業するという方法もあります。

営業許可などの問題もあるので唐突に始めることはできませんが、まずは友人や知人など、身近な人に様々なオイルを作って食してもらい、いずれ小さな店を開業するのも良いでしょう。

オイルについての関心は、以前よりも高まってきているので、ユニークな店としてブレイクするかもしれません。

まとめ

食用オイルの資格を取ると職業で活かす事が可能です。講師活動を行うのもよい、食品会社や外食産業でオイルをどんどん使っていくのもよし、オイルに関連する店を開くのもよしです。

オイルは長い歴史を持つ料理に欠かせない存在ですから、趣味を超えた活用法を模索してみてください。