食用オイルを賢く選ぶ方法

食用オイルを賢く選ぶ方法

スーパーに行くと色々な種類の食用オイルを見かけます。

コーンから作られたものや、大豆から摂られたものなど、様々なものがあります。

このように、色々ある食用オイルから賢く選択して使うにはどのようなことを意識したら良いのでしょうか。

気になるポイントのいくつかをご紹介したいと思います。

食用オイルを賢く選ぶ方法1:調理の仕方から選ぶ

食用オイルは多種多様ですが、それぞれ特徴があります。その特徴を、調理する方法と照らし合わせた考えることで、選択肢が限られてきます。例えば、油を高温で調理する場合は劣化しにくい油、つまり酸化しにくい油を選ぶのがポイントです。

具体的に言うと、不飽和脂肪酸のオメガ9の油や、飽和脂肪酸の油です。オメガ9はオレイン酸とも呼ばれるもので、オリーブ油やキャノーラ油、サンフラワー油(ひまわりの油、品種改良されものの場合)、ベニバナ油などが代表的です。

飽和脂肪酸ではバターやラードが該当します。もし高温ではなく、そのまま摂取するのであれば、オメガ3がオススメです。オメガ6は日常生活でよく摂取出来ているので大丈夫です。

メガ3としては亜麻仁油やえごま油などがあげられます。サラダに付加して食べるなどしましょう。

食用オイルを賢く選ぶ方法2:健康作用から選ぶ

食用オイルの健康面でのメリットについてもっと知ると、どのような油を積極的に使うべきかが見えてきます。

例えば、オリーブオイルは昔から健康に良いとされていますが、オリーブオイルにはオレイン酸が多く含まれていて、コレステロールを下げてくれます。さらに抗酸化作用のあるフェノール類もあります。

アンチエイジングや血液正常化に関心があるとすれば、オリーブオイルは魅力的でしょう。亜麻仁油はα・リノレン酸を含みますが、これはDHAやEPAに変化する酸で、中性脂肪を減少させたり、高血圧や動脈硬化の予防に効果を発揮します。

このように油の特性を理解して選択すると良いでしょう。

食用オイルに詳しくなりたいなら通信講座が便利

食用オイルについては、一度時間をとって、しっかりと学習する価値があります。オイルについて知る事によって、普段の食生活はより健康に良いものとなるでしょう。

オイルへの造詣を深めるのに便利なのは、諒設計アーキテクトラーニングの「食用オイルソムリエW資格取得講座」という通信講座です。

この講座は、初心者でもしっかりオイルのイロハを覚え、オイルソムリエになるための学習ができるカリキュラムを持っています。

受講して卒業することによって、オイル資格の取得が可能で、オイルスペシャリストとして、多くの人にオイルの魅力を発信できる立場になります。気軽に受講できるので、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

まとめ

食用オイルを選ぶ時には、どんな調理法で料理するのか、またどんな健康作用を期待しているのかといった点を意識して選択するようにしましょう。

食用オイルは多種多様です。その違いや特性について知る事によって、もっと食生活は豊かになるでしょう

食用オイルソムリエW資格取得講座