資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

食用オイル資格を取ることを決めたのであれば、日本インストラクター技術協会主催の「食用油アドバイザー」や日本安全食料料理協会の「食用オイルソムリエ」などの資格がおすすめです。

生活や食品関係の業務などで、実践的に活用できるおすすめの資格ですが、その受験日程の目安についてお伝えします。

資格試験の開催頻度は?

2つの資格は約2カ月に1回の頻度で開催されています。開催月は偶数月となります。2月、4月、6月といった具合です。開催月の20日から25日の間が試験期間となりますが、申込はインターネットで前月の間に行います。

試験の合否は、翌月の20日なのですぐに結果は分かります。2カ月に1回なので1年に6回チャレンジする機会があります。頻繁に試験のチャンスがあるため、計画的に学習することが可能です。

試験勉強の方法と受験のタイミング

試験勉強は対応資格講座を活用するのがベターです。対応資格講座としては例えばSARAスクールジャパンの「食用オイル基本コース/プラチナコース」があります。

この講座では、集中して勉強することで、最短2カ月で資格取得のための対策学習が終わります。あまり時間が取れないとしても、1日30分くらいの学習であれば6カ月くらいで卒業できるようになっています。

あるいは週中は30分ほど学んで、週末にまとめて勉強するのも良いでしょう。いずれにしても、自分が週にどれくらい時間を取れるかによって、学習終了までの大まかな目安を決めるようにしてください。

それに基づいてどの試験日にするか調整します。各資格の公式サイトには試験日カレンダーが載せられているのでそれを参考にしましょう。

試験なしで資格取得する方法

試験が苦手な人は、しっかり資格講座で勉強するとしても合格するか不安かもしれません。実はSARAの講座には2つのタイプがあって自分の状況にあったものを選択すると良いでしょう。

一つは基本コースで、こちらは学習後に試験を受けて合格することで、資格取得となるコースです。もう一つはプラチナコースです。このコースには試験がありません。

卒業課題を提出する事を条件に試験が免除になります。こちらだと確実に先述の二資格が手に入るのでおすすめです。

まとめ

冒頭の二資格を取得することで、食用オイルのエキスパートとして認められることになります。試験は2カ月に1回開催されているので、好きなタイミングで挑戦してみてください。

資格講座は最短2カ月から6カ月で終了するので、今後3,4回分の試験日を見据えて学習を進めてみてください。もし試験が苦手な場合、プラチナコースを利用すると良いでしょう。