食用オイルの種類とそれぞれの特徴

食用オイルの種類とそれぞれの特徴

いつもの料理に欠かせない素材の一つである食用オイルは、どこの家庭にも必ずあるものです。

食用オイルは世界中で使われていて、その種類も非常に多くあります。

食用オイルに詳しくなることは健康管理という観点からも重要です。食用オイルの主な種類や特徴についてまとめてみました。

食用オイルの種類と特徴:不飽和脂肪酸

食用オイルは主に2つの種類に大別されます。その一つが不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸はさらに細かく多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸に分けられます。このうち多価不飽和脂肪酸はオメガ3とオメガ6に分類されます。

そして一価不飽和脂肪酸はオメガ9と呼ばれます。不飽和脂肪酸だけでもかなりの種類があるので、覚えるのは大変ですが、おおまかな特徴をあげてみます。

まず一価不飽和脂肪酸であるオメガ9はオレイン酸とも呼ばれます。名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、これは食糧から摂取できるもので、体内で生成できる脂肪酸です。代表的なのはオリーブ油や菜種油、ひまわり油などです。

多価不飽和脂肪酸であるオメガ3系にはα・リノレン酸やEPAやDHA、オメガ6系にはリノール酸があります。こちらは人の身体の中で合成できません。そのため食糧から摂取しないといけません。

つまり必須脂肪酸となります。不飽和脂肪酸は融点が低く、常温でも固まりにくいのが特徴です。

食用オイルの種類と特徴:飽和脂肪酸

続いて飽和脂肪酸です。こちらは常温で固まるのが特徴です。体内で合成可能です。パルチミン酸が代表的な飽和脂肪酸です。このタイプの油としてはココナッツ油があります。

また油脂類としてバターやラードやショートニングが飽和脂肪酸となります。酸化しにくいのが特徴です。飽和脂肪酸は摂取しすぎると心疾患の恐れがあるという報告があります。

不飽和脂肪酸の方が健康に良い

飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを上げたり、先述のように心筋梗塞など心疾患の問題を引き起こすとされています。

一方不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを下げたり動脈硬化進行予防になったり、中性脂肪を下げたり、不整脈を防いだり増す、免疫機能整然の機能もあります。不飽和脂肪酸の方が飽和脂肪酸のものよりも健康に寄与します。

まとめ

食用オイルには不飽和脂肪酸と脂肪酸の2つに大別されます。不飽和脂肪酸が健康に概して良いのに対し、飽和脂肪酸は心配な油脂です。

オイルには他にもいろいろな要素で選ぶ必要があります。食用オイルについての学習は料理をする人全てにオススメします。