資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

食用オイル資格を取得する事によって、普段の食生活を豊かにできるだけでなく、資格で得たノウハウやスキルを活用して仕事で応用することもできます。

資格を取るのに、オススメの勉強方法や工夫できることをご紹介します。

またオススメのオイル資格も取り上げます。

オススメオイル資格

まずはオイル資格の紹介ですが、食用オイル初心者であれば日本安全食料料理協会の「食用オイルソムリエ」がおすすめです。

この資格はオメガ3やオメガ6、オメガ9など様々なオイルの分類や、オイルに含まれる成分、そしてその特性や健康美容効果、ダイエット効果などをよく理解している人に与えられるものです。

有資格者はオイルのエキスパートとして認められることになります。そのため自宅やカルチャースクールで講師活動をすることが可能になります。

資格にオススメの学習方法

資格学習に役立つのは通信講座です。通信講座は自宅で場所を選ばずリラックスして学習ができるのがメリットです。通信講座の中でも諒設計アーキテクトラーニングの「食用オイルソムリエW資格取得講座」は一押しです。

この講座は最短2カ月でオイル資格に対応して学習が終了可能なカリキュラムになっています。しかも対応している資格は1つだけではありません。先述の食用オイルソムリエに加えて、もう一つの資格も同時取得可能です。

公式サイトで他の資格については確認してください。この講座は、初心者でも個別スタッフのサポートを受けながら無理なくオイルについて造詣を深められるため、楽しくオイルの世界に浸りたい人には有効です。

分からない事があった場合でも、質疑応答無制限で理解を補えるようになっています。

オイルを学ぶための工夫

通信講座ということを活かして、テキストでオイルについて学ぶ時は、出来るだけオイルを手元に置くようにして学習すると良いでしょう。

まずはスーパーなどで、一通りのオイルを手に入れてバリエーションを増やし、オイルの成分表などを見たり、味を確かめてみながら学ぶことによって、楽しく実践的に学習が進められます

多種多様なオイルを目の前に置くことで、単に知識だけでなく現物を確かめられるため、より学習効果が高くなるでしょう。

まとめ

食用オイル資格として食用オイルソムリエ資格を紹介しました。有資格者はオイル講師として活躍したり、外食産業や食品会社でのそのノウハウを応用することも可能です。

学習方法としては通信講座はマイペースで学べるため、忙しい方にもおすすめです。オイルを実際に揃えて料理を作ってみたり、成分表記を確認しながら学習するとスムーズに学習を進められるでしょう。

食用オイルソムリエW資格取得講座