諒設計アーキテクトラーニングのW資格取得講座もおすすめ

諒設計アーキテクトラーニングのW資格取得講座もおすすめ

食用オイルを自由自在に使いこなしている人はオシャレに見えます。

単に同じ油を単一的に使うのではなく、適切に特性や効能を考えて使えるようになると、料理はもっと意義深くなります。

食用オイルのプロになるのに役立つ通信講座を紹介したいと思います。

諒設計の通信講座

オススメしたい通信講座は諒設計アーキテクトラーニングの「食用オイルソムリエW資格取得講座」というものです。この講座は資格に対応したカリキュラムで、受講することによって、2つの食用オイル関連資格の試験範囲をしっかりと学べる内容となっています。

初心者でも気軽に食用オイルの基礎や魅力について学べるものとなっています。「通信講座だと分からない事があればつまづいてしまう」と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、本講座はしっかりとしたサポート体制が用意されています

専門スタッフが質疑応答無制限で対応するようになっており、理解が難しいポイントはサポートを活用することで、解決していける魅力があります。

資格で取得できる資格は?

2つの資格が取得できますが、そのうちの一つは日本安全食料料理協会の「食用オイルソムリエ」です。

この資格は、オイルの分類や成分、そして健康美容効果などオイルの基本やメリットについて理解している人に認定されている資格です。もう一つの資格は日本インストラクター技術協会主催の「食用油アドバイザー」です。

こちらはオイルのもたらすうれしい効果について理解し、しっかりとオイルを選択できる人に認定されるものです。これら2つの資格を取得することによって、オイルのスペシャリストとして認められるようになるため、講師活動をしたり、趣味を拡げたり、仕事で活かすことも可能です。

資格の特徴

諒設計の講座全般に言えることですが、受講期間はおよそ2カ月から6カ月という短期間になります。しっかり集中して勉強することで、最短2カ月で食用オイル資格が2つも手に入るため、勉強しがいがあるというものです。

あまり時間が取れない場合でも、1日30分ほど費やすことで半年以内には取得可能です。本講座の別の特徴は、試験に合格して取得する通常講座と、卒業課題の提出によって取得するスペシャル講座があることです。

スペシャル講座によれば、卒業課題を提出し、その合格によって試験を受けずに資格取得となります。そのため、多少受講料は高くなったとしても、通常講座より資格取得の確実性はあがるため、非常におすすめです。

詳しいことは公式サイトや資料請求でチェックしてください。

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの「食用オイルソムリエW資格取得講座」は食用オイルについて幅広く学べる講座です。しかも2つの食用オイル資格の取得につながる講座なので、積極的に活用したいところです。

食用オイルソムリエW資格取得講座