資格のカリキュラムと学べること

資格のカリキュラムと学べること

食用オイル資格は、色々な特徴を持つ食用オイルに詳しい人に認定されるものです。

普段何気なく使っているオイルは、実は私たちの健康に悪影響を及ぼしたり良い影響を及ぼしたりするものです。

資格を取ることによって、もっとオイルを使いこなせるようになります。

通信講座で食用オイルマスターになろう

スーパーに行くと、たくさんの食用オイルが売られています。代表的なオイルはゴマ油やサラダ油、オリーブ油などです。しかしよく見ればもっとたくさんのオイルが存在します。

ココナッツオイルやサフラワー油、サンフラワー油、えごま油などがあります。食用オイルは素材が異なるものが多いので、これらの多種多様なオイルに通じることで、料理の幅が拡がります

食用オイルに詳しくなる良い方法は、通信講座を受講する事です。オススメの講座は諒設計アーキテクトラーニングの「食用オイルソムリエW資格取得講座」です。

この講座では、プロが監修したテキストを使って勉強できるため、自分一人で模索しながら学ぶよりもスムーズに学習が進みます

資格講座で学べること

本講座は2つの食用オイル資格に対応しています。日本安全食料料理協会主催の「食用オイルソムリエ」と日本インストラクター技術協会主催の「食用油アドバイザー」です。

これらの資格は、食用オイルの成分や分類をはじめ、どんな良いメリットが生活にあるのかをしっかりと理解している人に与えられます。

具体的に言うと、ダイエット効果や美容効果、デトックス効果、抗アレルギー効果、抗酸化作用、高血圧予防などがあり、よく指摘される生活習慣病の予防が見込めます。

カリキュラムではそうした様々なメリット、またオイルに合わせたレシピなども学べます。

資格を取るとどんないい事がある?

カリキュラムで学んだ事は、そのまま普段の食生活に活きてきます。健康を維持するには、食生活はまず最初に改善しないといけない分野です。また、家庭での食生活改善だけでなく、資格は職業上役立つ事もあります

例えば外食産業に従事しているのであれば、食用オイルを用いた料理を積極的に展開するのに有効です。健康志向の高まっている中であることから、そのような工夫は集客効果を上げるはずです。

またこの資格は講師資格なので、自宅やカルチャースクールでオイルについてレクチャーするのにも役立ちます。

まとめ

資格のカリキュラムでは食用オイルの分類や成分や特徴について様々な事を学べる内容です。資格があることによって、家庭でも職場でもオイルのノウハウやスキルを発揮できます。紹介した講座を使いながらオイルの奥深い世界にさらに詳しくなりましょう。

食用オイルソムリエW資格取得講座