資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

食用オイルは、その使い方や楽しさに触れるほど、オイルの魅力が分かってくるものです。

そしてオイルの使い方に熟達すると、もっと料理に多用したり、健康のために活用したくなるでしょう。

料理が大好きだという人は、食用オイルの知識は有用なので、資格を取得してその趣味をもっと本格的なものにする事がオススメです。

取っておきたい食用オイル資格

取得しておきたいオイル資格とその対応講座をご紹介します。取得をオススメするのは日本安全食料料理協会主催の「食用オイルソムリエ」という資格です。

この資格は、様々な食用オイルに関する知識を広く持っている人に認定されるものです。オイルの分類や成分をはじめ、それぞれのオイルの特性や健康に対する有効性や、美容効果などもマスターしていないといけません。

また実際にどう活用するかを選択して使える応用力も認定されます。この資格は独学でも取得できますが、しっかり準備したい人は資格講座を活用しましょう。

便利なのは諒設計アーキテクトラーニングの「食用オイルソムリエW資格取得講座」という講座です。

初心者にも対応した講座で、通信式なので自宅での気軽な学習が可能です。この講座を受講することで先述の資格、そしてもう一つのオイル資格が2つ取得可能です。

諒設計の講座の費用

講座のカリキュラムの流れなどは公式サイトからチェックできますが、費用だけお伝えしておきます。通常講座が59,800円で、スペシャル講座が79,800円です。

この中に受講症や受講マニュアル、攻略テキスト、練習問題集や模擬試験、添削課題、質問用紙などが含まれています。通常講座とスペシャル講座とに20,000円の違いがありますが、これは試験の有無の差です。通常、講座を受講し終わってから卒業となり、最終的に試験を受けて合格することで資格が発行されます。

しかしスペシャル講座に関しては、卒業課題の提出が試験の代わりとみなされます。そのため試験を受けることなく資格取得となります。

支払方法

諒設計の支払い方法は4つあります。代金引き換えか後払い、クレジットカード決済かオリコの教育ローンです。一括払いをすることもできますし、分割払いにも対応しています。それぞれの支払い方法の詳細はやはり公式サイトに詳しいのでチェックしてください。

まとめ

食用オイルの資格を取る事は、ますますオイルの魅力に通じることができるでしょう。オイルは料理にはかかせませんし、美容効果や健康効果も注目されています。オイルの世界にひたって自分や家族の健康を「おいしく」守っていきましょう。

食用オイルソムリエW資格取得講座