食用オイルソムリエ資格

食用オイルソムリエ資格

今は健康志向が高まっている時代なので、食用オイルに関しても見直しをする人が増えています

食用オイルを賢く選ぶ事で、健康や美容効果が高まります。そこでオススメするのが食用オイルの資格の取得です。

資格を取ることによって、もっとオイルの魅力に触れることができます。

「食用オイルソムリエ」資格

食用オイルの資格として取得を目指したいのは、日本安全食料料理協会の「食用オイルソムリエ」という資格です。

この資格は、オイルのエキスパートに認定されるものです。有資格者になると、様々なオイルに関する知識を有していることが証明されます

例えばオメガ3,6,9脂肪酸などの食用オイル分類や、リノール酸、オレイン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などの成分について、そしてオイルごとの特性や健康に対する有効効果について知っている事になります。

またオイルに求める効果や効能にあったオイルの選択スキルも認められます。資格を取ることによって、家庭だけでなく職場やカルチャースクールにおいて活躍することも可能です。

食用オイルソムリエの概要

この資格は試験を受けて合格するか、対応講座の特定コースを受講し卒業課題を提出することによって取得となります。試験は毎年6回、2カ月ごとに開催されています。受験料は消費税込で10,000円で、インターネットから申込できます。

試験は会場で行うのではなく在宅受験となり、リラックスして臨めるのが特徴です。試験にいきなり挑戦しても食用オイル初心者は合格が難しいでしょう。

そのためまずは資格講座で勉強して試験を受けるか、その資格講座の特定のコースで卒業課題を提出するかが一般的な方法となります。

資格対応講座でオススメは?

本資格に対応している講座でオススメは諒設計アーキテクトラーニングの「食用オイルソムリエW資格取得講座」です。この講座は初心者にも無理なく食用オイルの資格を取ってもらえるように組まれたカリキュラムの講座です。

最短だと2カ月で取得達成も可能です。通信講座ですがサポート体制があって、個別のスタッフが質疑応答無制限で対応します。

そのため、講座内容で分からない事があった場合でも、学習を止める必要がありません。公式サイトで受講料やカリキュラムの詳細を確認してください。

まとめ

食用オイルソムリエは、食用オイルのイロハを一定以上理解していることを証明する資格です。

講師活動をすることも可能なレベルにあるとして認定されるため、食用オイルを使って仕事をしたい人や、スキルをアップしたい人にはオススメです。

食用オイルソムリエ資格