安全で健康な油を選べる!食用オイル資格の情報

食用オイルの正しい知識を学べる

食用油と油脂の違い及び栄養学的側面
食用オイルと聞くとどんなオイルが思い浮かぶでしょうか。おそらく多くの人はサラダ油やキャノーラ油、オリーブオイル、ゴマ油などを連想する事でしょう。しかし実際には食用オイルの世界は奥深くて、もっとたくさんのオイルが存在します。

例えばホホバオイル、ココナッツオイル、ひまし油、えごま油、アーモンドオイル、アボカドオイル、あるがんオイル、マカダミアナッツオイル、ペカンナッツオイル、くるみ油、亜麻仁油、ひまわり油、ベニバナ油、米油、チアシードオイル、グリーンナッツオイルなど実に多種多様です。

そしてこのオイルそれぞれにそれぞれの特性があります。それらの特性を知ってメリットが分かると、オイルの世界が本当に楽しくて魅力的なものであることに気づきます。

食用オイルはまた、知っているようで知らないことがたくさんある分野です。例えば多くの人はサラダ油を天ぷらなど、揚げ物に使うかと思いますが、実は油には料理法によって向き不向きがあります。

それを知らずにいい加減に使っていると、知らず知らずのうちに思わぬ健康リスクにさらされていることになっているかもしれません。一方正しいオイル用途を知って上手に使う人は、健康をキープできるだけでなく、さらに料理をおいしく作れるようになります。

食用オイルに関してはイメージが先行して色々間違っている事があるので、正しい知識を取り入れる必要があります。そこでオススメしたいのは食用オイル資格を取得することです。

それによって、食用オイルの基礎や応用、レシピなどを学習して最適なオイルチョイスができるようになります。例えば日本安全食料料理協会の「食用オイルソムリエ」という資格は民間資格の一つですが、有資格者は食用オイルの分類や成分、効能や特性に通じていることが証明されます。

講師資格でもあるので、自宅やカルチャスクールで食用オイルについてレクチャーすることもできるようになります。別の注目資格は日本インストラクター技術協会主催の「食用油アドバイザー」という資格です。

こちらは食用オイルに関する知識を使い、美容効果や健康効果に応じたオイルセレクトが出来る人に与えられる資格です。これによって、様々な健康や美容の悩みに応じてどんなオイルやオイルに合わせたレシピがあるのかを理解していることが証明されます。

毎日使うオイルだからこそ、その使い方に熟達することが大事です。これらの資格は料理をする人なら誰でも興味を持つべき資格です。

怪しいオイルにだまされないで

食用オイルと活性酸素リスク世の中にはたくさんのオイルが流通していますが、それらのオイル全てが安心して使えるわけではありません。中には怪しいオイルもあります。「オイルを飲むわけではないしどれを使っても同じでしょ?」と思うかもしれませんが、オイルの質はピンキリです。

また摂取量によっては、本来問題のないものでも、問題の火種になることもあります。さらに健康だとアピールされているような食用オイルが実はそうではないというケースもあります。

例えばオリーブオイルと聞くといかにも健康そうなオイルの代名詞的存在ですが、実は日本では多くのオリーブオイルの「偽物」が出回っています。具体的に言うとエキストラバージンオイルの偽物です。

エキストラバージンオリーブオイルと言えばオリーブオイルの最高品質のものですが、実は日本の規格と国際規格は異なります。そのため海外ではエキストラバージン扱いにはならない物が日本ではエキストラバージンとされてしまいます

国際基準ではオイルの酸度が0.8%以下のものがエキストラとして認められます。一方日本ではこれより基準が低く、2.0%以下を達成していればOKです。つまりこの1.2%の差の部分がエキストラバージンオリーブオイルの「偽物」となります。

偽物と言っても悪質なオイルというわけではありませんが、エキストラの名前で売られているとすれば、消費者はある意味だまされていることになります

酸度を確認したり、1mlあたりの値段が3円以上はすることなど、国際規格にそった商品を見つけるようにしましょう。食用オイルに関する知識が潤沢にあると、このようなオイルの認識のずれにも目ざとくなります。品質の良いものが分かるようになり、安くても怪しいオイルに惑わされないようになります。

資格取得までの目安期間は?

資格のカリキュラムと学べること資格取得までにかかる時間の目安ですが、最短だと2カ月で達成可能です。それなりの時間を勉強に費やす必要がありますが、2資格を目指す場合は1カ月当たり1資格の取得となるのでかなりのハイペースです。

もし1日30分程度しか勉強できないという場合でも、半年以内には取得可能です。終日は30分でも、週末に集中することでさらに早くなる事でしょう。ちなみに紹介した2つの資格の試験開催のタイミングは同じです。

毎偶数月に試験があるため、年に6回の受験チャンスがめぐってきます。自分の学習時間からおおよその卒業タイミングを計算して、それに合わせて受験の申し込みをしたり、目標期日を決めたりしましょう

公式サイトにそれぞれの受験日程カレンダーがあります。現在平成30年終わりから平成31年のはじめくらいまでの予定が出ているので確認してください。通信講座の良い所は時間や場所の制約があまりないことです。

テキストを持参して自宅でもどこでも学習の時間が取れます。輸入雑貨屋などで色々な海外オイルを物色しながらテキストと一緒に学んでもいいですし、通勤通学時間の合間にテキストを復習することも可能です。

自分のペースで進められるので、時短学習ができるようになっています。先述のように、通信講座といえども分からない事を教えてもらえるサポート体制があるため、つまづかずに最後まで学習していけるでしょう。

食用オイルソムリエW資格取得講座

調理場や料理で生かせる?

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫食用オイル資格を取ると家庭内でノウハウやスキルを活かして料理の質をアップできます。しかしそれだけでなく職業に反映させる事も可能です。

例えば料理をする職についているのであれば、食用オイルをもっと効率的に使ったレシピをバリエーションに加えられます。また様々な食用オイルを利用していることをアピールして、健康志向の店づくりを展開するというビジョンも持てます。

カフェやレストランで働いているなら、料理に欠かせない素材である食用オイルの知識は間違いなく役立つはずです。また直接料理に関わる仕事でなくても、食品会社に勤めている場合には、商品開発や意見提出の時に食用オイルの魅力を伝えられるようになります。

さらにご紹介した食用オイル資格は講師資格でもあるので、自宅やカルチャースクールで講師活動するのを目標にできます。健康志向がどんどん高まっているので、家庭でできる食生活の向上方法には多くの人が関心を持っているでしょう。

ブログや動画サイトも使って食用オイルの魅力を伝えるようにし、少しずつオイルの世界に触れてもらえるようにするのも可能です。人気が出てきたらオイル講座を開くなどすると面白いでしょう。

食用オイルソムリエW資格取得講座

食用オイルのメリット・デメリット

食用オイルでダイエットはできるの?食用オイルは賢く使うと私たちの生活を向上させるものになります。しかし食用オイルにはメリットもあればデメリットもあります。メリットとデメリットをそれぞれ少しずつあげてみたいと思います。まずメリットです。

オイルの分類の一つに不飽和脂肪酸があります。不飽和脂肪酸は他のいくつかにさらに分類されますが、そのうちの一つである一価不飽和脂肪酸(オメガ9系)としてオレイン酸があげられます。オレイン酸の代表的な食用オイルはオリーブオイルです。

オレイン酸には血中の悪玉コレステロールを下げてくれる働きがあります。しかし善玉コレステロールは下げません。つまり血中のコレステロールのバランスを良好にしてくれます。そのようにして動脈硬化を予防してくれます。

不飽和脂肪酸の別の分類は多価不飽和脂肪酸です。そのうちオメガ3系と呼ばれるものとしてα‐リノレン酸があります。この物質は身体の免疫機能を整えたり、中性脂肪を下げる効果が期待できます。さらに生活習慣病を予防する効果もあります。

他にも抗酸化作用や脂肪燃焼促進など食用オイルで注目すべきことはたくさんあります。良質なオイルは様々な健康効果をもたらし、肌荒れ改善など美容効果の側面も持ちます。しかしデメリットもあります。

例えば不飽和脂肪酸の一つであるオメガ6系のリノール酸は、本来危険なものではありません。実際悪玉コレステロールを下げたりします。しかし私たちの普段の食生活ではリノール酸を過剰摂取する傾向があることが分かっています。

必要以上にリノール酸を摂ると発がんリスクが高くなることが分かっています。またアレルギーを引き起こすこともあります。

他の例も挙げてみましょう。身体に良いとして話題の亜麻仁油ですが(オメガ3系)、オメガ3は熱に弱いです。

そのため身体に良かれと思って揚げ物料理などに使うと、酸化させてしまうことがあります。酸化したオイルは身体の老化を引き起こすリスクがあります。このように食用オイルは使い方をよく考えて選択する必要があります

食用オイル資格で料理上手になろう

資格を生かして働くには?料理がもっと上手になりたい人は、食用オイルに真剣に向き合うことが大切です。オイルは食生活に欠かせない存在です。オイルがあると料理は引き立ちます。揚げ物料理など、ほとんどオイルが主役を張るようなものもあります

そのため食用オイルを究める事は料理の質を向上させる大きなファクターとなります。食用オイル資格を目標にして学習を積めば、オイルについてもっと詳しくなれます。

世界中に存在する様々なオイルについて知り、レシピに応じたオイルを選択できるようになれば、家族ももっと楽しく食卓を囲んでくれるようになります。食事の主な目的はエネルギーの摂取と栄養素の取り込みです。

とはいえ、生命活動のためだけに料理を作るのは味気ありません。やはり少しでもおいしく身体づくりをしたいものです。食用オイルは楽しくおいしく健康的に食事をするのを演出してくれます。

紹介した通信講座を活用しつつ、ぜひ食用オイルのイロハに触れてみてください。きっとその魅力を味わう事ができます。健康志向の現代に合って、食用オイル資格は注目の資格です。

食用オイルソムリエW資格取得講座

食用オイル資格取得おすすめ情報まとめ